BodyStyle Art パーソナルトレーナーの長谷川です^ ^

 
 
先日は敬愛するトレーナーの師である、
赤羽さんの開講するA-Fit パフォーマンスコーチ養成スクール 8日目※でした。
(グレーと黒の長袖シャツが赤羽さんです)
 
※昨年秋から月に一度程度の頻度で、静岡県東部の長泉町にある赤羽さんのスタジオで、改めて実践的な技能を磨いています。
 
 
個人的な主観ですが、
赤羽さんは日本でも屈指のトレーナーであり、
ヒトの身体の動きを正しい動作に導く、卓越した技能を有した「職人」とも言えます。
 
 
まず前提として、私がお客様のお身体を観させて頂く中で最も重要であると考えているのが、
「出来なかったことが出来るようになる」「動きが変わる」「正しい動作を獲得する」というステップです。
 
 
ここから少し長めに前置きをさせてくださいm(__)m
 
 
 
慢性的な痛みを抱えている方も、
気になる見た目を変えたい方も、
スポーツのパフォーマンスを高めたい方も、
.
.
.
結果的に正しい動作が獲得出来ていないが為に、
.
・膝や腰に負担が掛かり痛みを抱える
(これだけで長い長い解説となってしまうので、気になった方はジョイント バイ ジョイントセオリーと検索して詳細を調べてみてください)
 
・見た目を変えようとハードなトレーニング種目をしても筋肉は発達して体脂肪は落ちるが、気になるシルエットはさほど変わらない
(例を挙げると太ももの外側の筋肉ばかり発達し、お尻や内もものたるみは改善されない等)
 
・スポーツのパフォーマンスを挙げようとベンチプレスやスクワットで高重量を扱い、筋力は上がるが肝心の競技パフォーマンスは大して上がらない
(俗に言う動けない筋肉とイメージすると分かりやすいかもしれません)
となってしまうのです。
 
 
 
ですので、お身体に対するどんなご要望であっても「正しい動作に導く」ことは肝心要であり、決して欠かせない要素なのです。
 
 
 
しかしながら、前述の正しい動作が出来ないからこそお客様は皆様、長年苦悩されている訳で…
 
 
前置きの直前に書かせて頂いた、
「出来なかったことが出来るようになる」「動きが変わる」「正しい動作を獲得する」というステップを適切に効果的に経て頂くには、
とてつもないトレーナーとしての技能が必要だと実感しています。
 
 
むしろ個人的には、トレーナー人生を懸けて突き詰め続ける【本質】だと考えています。
 
壮大な前振りになってしまいましたが
「正しい動作に導く」という本質的な部分で、赤羽さんは日本屈指のトレーナーであると思っています。
 
 
そんな赤羽さんの元で学んでいると「股関節内旋」というお姉さん座りの様な動作で、
写真1枚目の時点で右股関節に違和感(詰まる感じ)が出ていた人間が、
写真2枚目の位置まで動かしても全く違和感なくスムーズに動かせるようになるのです。
※宣伝商材の様な変わりように思わず笑ってしまいましたが笑
 
 
写真3枚目は股関節内旋を正しい動作に導く為の動作修正エクササイズの一例です。
 
 
一般のお客様はもちろん、トレーナーの方やトレーナーを志す方、理学療法士や柔道整復師など医療従事者の方も是非、赤羽さんのスタジオの門を叩く事をお勧めします。
 
 
 
 
静岡県東部・駿東郡長泉町の赤羽さんのスタジオはこちら: