こんにちは(^^)
静岡市で活動しているパーソナルトレーナーの長谷川です。

 

前々回〜前回のブログでは、
①最近よくメディアで目にする、美尻や桃尻をつくる為のエクササイズは間違ったやり方(骨盤が後傾した状態)で行うと、美尻や桃尻になるどころか脚が太くなったり、腰が痛くなるだけ。
②なぜ骨盤が後傾するかというと、日常生活の「座る」という行為が原因で、お尻やもも裏の筋肉が衰えて縮こまってしまうから。

 

という2点についてお話しました。
そこで今日はエクササイズを始める前に、お尻やもも裏が衰えて縮んでいるかのチェック方法をお伝えしていきます。

このチェックに引っ掛かってしまったらエクササイズを行う前に縮んでいる筋肉を伸ばしてあげる必要があります!
つまり残念ながらエクササイズをする以前の問題ということですね…

 

それでは今日はお尻の筋肉のチェック方法から紹介していきます(^O^)

 

【お尻の筋肉のチェック】


①壁から足一足分後ろに立ちます。
②両手で壁に手をつきます。
③チェックしたい側の足の外くるぶしを反対側の膝上に乗せます。
④お尻を後ろに突き出しながら胸を張り、両手で壁に触れてバランスを取りながら写真の様にしゃがんでいきます。

《備考》
立ち鏡が横にある場所で自分で確認しながら行うか、ご家族やお友達に見てもらってください。
もしくはスマホやタブレット用の三脚を使って写真を撮って確認してみてください。
※三脚を買う位の価値はあると思います。

 

《OK》
お手本の様に腰や背中が丸まらずに行えていれば、お尻の筋肉は縮んでいません(^^)
エクササイズを行える状態です!

 

《NG》
下の写真の様に腰や背中が丸くなってしまったり、そもそもしゃがめない場合は残念ながらお尻の筋肉は縮んで衰えてしまっています…

 

しゃがめない場合は特にヤバイです…
 
 
 
いかがでしたか?
次回はもも裏の筋肉のチェック方法をお伝えしていきたいと思います!