こんにちは!
静岡市で活動しているパーソナルトレーナーの長谷川です(^ ^)

 

以前のブログで、
腰痛の原因は患部である腰にはなく、胸郭(肋骨・背骨)や股関節にあることがほとんどであると書かせて頂きました。

先日お伝えした通り、
腰のすぐ上にある胸郭や、すぐ下にある股関節の動き(可動域)が悪くなることで、腰に負担が掛かり痛みが起こってしまう訳ですが…

 

実際に今日からは何回かに分けて、
ブログをご覧の皆さんの胸郭や股関節の動きが正常なのかを調べるチェック方法をご紹介していきます。
※実際はものすごく沢山のチェック方法があるので、代表的な物に絞ってお伝えします。

 

紹介するチェック方法で異常の場合はソコが痛みの原因である可能性が高いです!

 

今日は特に股関節の大切な動きのひとつである、「屈曲可動域」と呼ばれる動きをチェックしていきます。

それでは早速はじめていきましょうd(^_^o)

 

 

【屈曲可動域チェック】
 

 
①仰向けで片足のひざ裏にハンドタオルを丸めた物をしきます。
②タオルをしいている足は、膝が曲がらない様に、ひざ裏でタオルをしっかり抑えておきます。
③タオルをしいている方とは反対側の足を、膝を伸ばし、つま先を反らしたまま上げられる所まで上げます。

 

 

正常の場合 

写真の様に、上げている足が床に対して垂直の位置まで上がります。

 

 

異常の場合
 

・床に対して垂直まで上がらない。

 

・膝が曲がってしまう。

 

・反対側の足が床から浮いてきてしまう。

 

 

いかがでしたでしょうか? 

 

異常となってしまった場合には、
屈曲可動域と呼ばれる部分に問題があります。

屈曲可動域にブレーキを掛けてしまう原因は、
もも裏とふくらはぎの柔軟性の低下です。
※実感として、異常となってしまった方は、上げている足のふくらはぎ(ひざ裏)やもも裏に突っ張る感覚があると思います。

要約すると、
腰痛持ちの方で屈曲可動域が出ない場合は、ふくらはぎともも裏の柔軟性の低下が腰痛の原因となってしまった訳です。

 

ちなみに屈曲可動域が正常だったとしても、
腰痛を持っている方の場合は「伸展可動域」や「内旋・外旋可動域」と呼ばれる動きに問題を抱えているケースが多いです。

次回のブログでは、
「伸展可動域」が正常かどうか調べるチェック方法をご紹介していきます!