こんにちは。
BodyStyle Art パーソナルトレーナーの長谷川です。


さて唐突では有りますが、今回は私が感じている【筋膜リリース】への疑問。


昨今、メディアを通して至る所で流行中の筋膜リリースというワード。
巷ではフォームローラーというローラーを用いて自分で行なったり、セラピストやトレーナーが手技でお客様に提供していたりします。
※筋膜を外部から揉み解したり、押したりすることで筋膜の歪みや癒着を取って、痛みを改善したり動きを高めると言われています。


私自身もパーソナルトレーナーとして、
「筋膜が」「リリースが」
というワードを非常によく使っていましたし、

お客様が抱える慢性的な痛み(腰痛や肩コリ、坐骨神経痛など)の改善や、
エクササイズの前に関節可動域(柔軟性)を向上させる為のアプローチとして実際によく用いていました。



以前までは。



ですが、最近よく考えます。
手技やフォームローラーで本当に筋膜自体をリリースする事は出来るのか?…と。
他にも重要な組織があるんじゃないの?…と。


続きはそう考える事の顛末と、
科学的根拠を伴う理由を含めて次回書かせていただきますm(__)m 
注※写真はイメージです。