平素よりお世話になります。
ホームページをご覧頂きありがとうございます。

以前より糖質制限ダイエットの是非に関するご質問をいくつか頂きましたので、僭越ながら科学的根拠を基にお答えさせて頂きます。
以前も同様の投稿をさせて頂きましたが、より分かりやすい表記にて書き直しました。

 

まず結論としまして、糖質制限ダイエットでは体重は落ちますが、確実にリバウンドしてしまいます。

 

一般的によく皆様がイメージされる糖質制限ダイエットは、いわゆる三大栄養素の糖質(炭水化物)をほぼ全てカットして、脂質も限りなく少なくおさえ、たんぱく質を多く摂るといった方法だと思います。

 

実は上記の方法は誤った糖質制限ダイエットなのです。

 

誤った糖質制限ダイエットを行うと短期間で急激に体重が落ちますが、
それは単純に摂取するエネルギーが著しく少なくなり飢餓状態になることで、脂肪も筋肉も全て落ちてしまっているために起こるものです。※

当然、筋肉が落ちてしまえば代謝量(1日に燃焼するカロリー)も落ちますので、仮に体重が落ちても、食生活が元に戻れば体重はすぐに戻ってしまいます。
それどころか代謝量が落ちているので以前より体重は増加してしまいます。
※「糖新生」と呼ばれ、筋肉を分解してエネルギーを作り出している状態です。

 

更にこれらの糖質制限ダイエットとトレーニングを組み合わせてしまうと、状況はより悪化してしまいます。

なぜなら、トレーニングというものはそもそも意図的に筋肉に負荷をかけてダメージを与え、傷付いた筋肉に食事から摂った栄養素を送り込み回復させることで、以前より筋肉を発達させる為に行うわけですが、
飢餓状態の時にトレーニングを行っても修復させるための栄養素がないので、ただ筋肉を傷付けているだけなのです。
※ちなみにたんぱく質だけを多く摂取しても、筋肉を修復することは出来ません。

傷付けても修復されなければ、筋肉は余計に落ちてしまい、より一層リバウンドしやすい身体になります。

 

それどころか、ただでさえ飢餓状態であるにも関わらず激しいトレーニングを行えば、低血糖になりめまいや頭痛、全身の倦怠感が起こります。またトレーニング後の炎症反応が続くため免疫力が低下し、風邪をはじめとしたウイルスや細菌に感染しやすくなります。

 

長くなりましたが、先に記述した誤った糖質制限ダイエットとトレーニングでは必ずリバウンドしますし、身体に不調をきたしますので、もし実践されている場合は中断して頂く事をお勧めします。

 

本来はブログに掲載する内容ですが、
大変恐縮ながら、非常に多くの方々が誤った糖質制限ダイエットを良いものだと認識されてしまっており、実践した際に健康を害しては元も子もないと思い、取り急ぎこちらから発信させて頂きました。

また、個別性に合わせ正しく行われないと結果が出ないので詳細は割愛しますが、
正しい糖質制限ダイエット(糖質を制限し、脂質とたんぱく質を多く摂取して行う減量法で、ケトジェニックダイエットと言います)を実践する場合でも、
私共としては筋肉量を増やす期間を一定期間(少なくとも3ヶ月)設けてから行うことが、効果的だと考えております。
※ケトジェニックダイエット中は筋肉量を増やしづらく、代謝量の絶対値を上げることが難しいため。

長々と失礼致しました。どうかご理解賜りましたら幸いです。

 

BodyStyle Art パーソナルトレーナー
長谷川 哲也