お尻の代表的なエクササイズ「ヒップスラスト」はデメリットばかり

こんにちは。
パーソナルトレーナーの長谷川です^ ^

最近、テレビをつけてもYouTubeを見ても、女性のボディメイク特集が多く、ことさらヒップアップや美尻づくりのトレーニング風景がクローズアップされています。

特にInstagramでは女性達がこぞってエクササイズ動画や「映える」写真をアップしています。

中でもタイトルにつけたように「ヒップスラスト」というエクササイズ種目を行っている光景を非常によく見掛けます。

 

■ヒップスラストとはこちら

 

どうでしょう?
Instagramで見掛けたことがありませんか?

ですが、身体構造学や運動整理学の観点から見ると、
ヒップスラストは正確に、機能的に行うことが非常に難しい種目であり、残念ながらその割に得られる効果は少ない種目でもあります。

正直なところ、ヒップスラストを行っている動画を見ると、
お尻のトレーニングをしてる「っぽい」からやっているだけなのでは?と思ってしまいます。

 

基本的に種目自体には罪はないので、言い切ることはしたくありませんが…
ハッキリ言ってヒップスラストを行うメリットはありません。(お尻のボディメイクを行いたい場合に)

私自身、約10年間程、パーソナルトレーナーを続けていますが、今まで一度も提供したことがありません。
私が提供していないからといって「それが?」と言われてしまいますが^^;

 

前置きが長くなりましたが…

 

ヒップスラストを行うメリットがないとまで言い切れる理由を、身体構造学を根拠にいくつか挙げたいと思います。

①股関節の伸展の分離動作が必要とされるから。
②骨盤の後傾の分離動作が必要とされるから。
③非常に高いレベルでの体幹の安定性が必要とされるから。
④お尻の筋肉の本来の使い方である伸張性収縮が起こりにくいから。

上記の4点が主な理由です。

 

「え?なんのこと?」
「分かるように説明して」

 

と言われること間違いなしなので、
次回は「なぜヒップスラストはメリットが少なく、デメリットばかりなのか」について上記4点の理由から分かりやすく紐解いてゆきたいと思います。

 

今回のブログ記事で完結させたい方は、
「非常に高い身体の機能性がないとヒップスラストをしても全然お尻を使えずに、かえって腰を痛めてしてしまうし、仮にうまく出来たとしてもお尻の筋肉をつけることは出来ない」
ということだけでも憶えておいてくださいm(__)m

それでは次回更新をお待ちください^ ^