ジムに行くと肩がこるんです…①

こんにちは!
BodyStyle Art トレーナーの長谷川です^ ^

 

タイトルは初めてお越し頂くお客様によくご相談を頂く内容そのままです。

ここ数年、24時間ジムや小規模ジムが爆発的に増えた影響で、フィットネスがより身近になっています。
だからこそ、残念ながらタイトルに当てはまってしまう方も多いのではないかと…

 

具体的な相談内容としては、
ジムに行って自分でトレーニングマシンやダンベルで上半身(特に背中や二の腕)のトレーニングをすると、必ずと言ってよい程、肩と首がこってしまうとのことでした。

 

実際、私もパーソナルジムを開業する前にスポーツクラブでパーソナルトレーナーをしていましたが、マシンやダンベルが置いてあるエリアを見ると、トレーニングの種目とはおそらく関係ないであろう肩や首を揉んだり押さえたりして、ほぐしている方をよく見掛けていました。

 

そして、上記に当てはまる多くの方に共通しているのは、
【ターゲットにしている筋肉に使っているor効いている感覚がない】
ということです。

 

つまり背中や二の腕を引き締めようとしたり、筋肉をつける為にトレーニングをしているのに、
肝心の背中と二の腕は使われずに、肩や首ばかりがこってしまうというわけです。

 

皆さんもジムでダンベルやマシンを使ってみた時にそんな経験はないですか?
自分で一生懸命トレーニングをされている方であればある程、陥りやすいトラップのようなものです。

 

背中の筋肉(広背筋)は片側だけでこんなに大きいのですが…
使われないのは損ですね…

 

次回のブログでは、
なぜ背中と二の腕のトレーニングを行うと肩や首がこってしまうのか?
についてじっくりと紐解いてゆきたいと思います。

 

最後までご覧頂きありがとうございました^ ^
次回更新は7月5日(月)21:00を予定しています☆