こんにちは!
静岡市で活動しているパーソナルトレーナーの長谷川です^ ^

前回のブログでは、
トレーニングする前に筋肉を覆っている筋膜や脂肪組織の癒着を取らないと、頑張って二の腕を引き締めようとしても効果が出にくいとお伝えしました。

そこで併せて実際に二の腕がどのくらい癒着しているかのテストをご紹介しました!

また行っていない方は早速チャレンジしてみてください!【前回のブログ】

 

では、早速確認していきましょう!
まず正しい動きは以下の通りです。

 

・正しい動き(横)

・正しい動き(正面)

 

上記の写真通りに出来ている方は、
癒着は起こっておらず、トレーニングすればしっかりと二の腕を引き締めることが出来るでしょう。

 

一方…

 

・腕が下がる

・肘が曲がる

上記のどちらか片方に当てはまる方は二の腕に癒着が起こっており、癒着を取ってからトレーニングをしないと二の腕は引き締め辛いでしょう。

 

そして、残念ながら腕も下がり、肘も曲がってしまう方は相当強固な癒着が起こっており、
癒着を取らずそのままトレーニングをしてしまうと、筋肉が伸び縮みしない訳ですから、二の腕が引き締まるどころか関節に負担が掛かり、身体を痛めてしまう可能性が非常に高いです。

 

あなたはいかがでしたでしょうか?

一生懸命トレーニングしてるのに効果が出ずに、むしろ身体を痛めてしまう理由はこういった癒着にあるのかもしれません。